野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

女手一つで育ててくれた母へ Honda鈴鹿の苦労人右腕が誓う「野球で恩返し」

今秋のドラフトで指名候補として注目されているHonda鈴鹿の右腕、松本竜也投手。母子家庭で育ち、女手ひとつで育ててくれた母・美幸さんを楽にさせるために、プロを目指してきた。智弁学園から社会人野球のHonda鈴鹿に進み、今年が指名解禁となる入社3年目。松本は最愛の母に朗報を届けるため、10月26日を静かに待つ。

Honda鈴鹿・松本竜也【写真:福岡吉央】
Honda鈴鹿・松本竜也【写真:福岡吉央】

智弁学園2年時にはセンバツ甲子園優勝、3年夏も出場

 今秋のドラフトで指名候補として注目されているHonda鈴鹿の右腕、松本竜也投手。母子家庭で育ち、女手ひとつで育ててくれた母・美幸さんを楽にさせるために、プロを目指してきた。智弁学園から社会人野球のHonda鈴鹿に進み、今年が指名解禁となる入社3年目。松本は最愛の母に朗報を届けるため、10月26日を静かに待つ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 松本が本格的に投手を始めたのは小5の時。中学では奈良葛城ボーイズでプレー。智弁学園高校当時からドラフト候補選手として名前は挙がっていたが、プロ志望届は出さず、社会人のHonda鈴鹿に進んだ。

「子供の頃はバッティングも好きでしたが、球が速いと言われていて、抑えられていたから楽しかった。中学では打撃よりも投球のほうがいいと指導者の方たちに言われ、投手をしていました」

 小学生の時の将来の夢はプロ野球選手。母が野球好きだったこともあり、自宅のテレビで阪神戦を見ることが多かった。

「藤川球児さんを見て、あんなすごい直球を投げてみたいなと思っていた」

 だが、練習が厳しかった中学時代に壁にぶつかった。「技術的には通用していたが、自分自身は納得いく投球ができていなかった。『プロは目指すところじゃないかな』と思った」。厳しい練習にモチベーションが上がらず、憂鬱な気持ちで嫌々練習に行く日が続いたこともあった。だが、現役時代に近鉄で盗塁王を獲得し、指導者として2軍監督も務めた元プロの安井俊憲ヘッドコーチから「お前は野球が取り柄なんだから、プロを目指しなさい」と説得され「お母さんを楽にできるのならもう1度目指してみようと思うようになった」という。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」