野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元巨人“青い稲妻”の異名をとった松本匡史の今 66歳でも野球の深さを感じる理由

巨人で“青い稲妻”の異名を取り、盗塁王を2度獲得。2軍監督などを務めた松本匡史氏が、昨年11月に所属事務所が開設した小学生を対象とした野球塾で指導を行なっている。一方で首都大学リーグ2部の玉川大で特別コーチも務めるなど野球と向き合っている。引退して30年以上が経過しても「野球って満足いくことはなかなかないね」と深さと面白さを実感する日々だ。思いは一つ。子供たちに「野球が楽しい」と思ってもらえるように、今も奮闘している。

現在は野球塾「BEベースボールアカデミー」で指導している松本匡史氏【写真:編集部】
現在は野球塾「BEベースボールアカデミー」で指導している松本匡史氏【写真:編集部】

東京・自由が丘で野球塾「BEベースボールアカデミー」で小学生対象に指導

 巨人で“青い稲妻”の異名を取り、盗塁王を2度獲得。2軍監督などを務めた松本匡史氏が、昨年11月に所属事務所が開設した小学生を対象とした野球塾で指導を行なっている。一方で首都大学リーグ2部の玉川大で特別コーチも務めるなど野球と向き合っている。引退して30年以上が経過しても「野球って満足いくことはなかなかないね」と深さと面白さを実感する日々だ。思いは一つ。子供たちに「野球が楽しい」と思ってもらえるように、今も奮闘している。

◇◇◇◇◇

 小さなスタジオで松本氏の声が響いた。

「ボールをずっと見るんだよ」「よし、いいね。あと5スイングしてみよう」

 昨年11月、松本氏の所属事務所が東京・自由が丘で野球塾「BEベースボールアカデミー」を開設。指導者として野球を教えている。この日は2人の小学1年生を指導。約50平方mのスタジオ内で、プラスチックのバットで柔らかいボールを打っている。まだ野球を始めたばかりの子供に、“基礎の基礎”を伝えていた。

「今のうちにきちんとした形を覚えておくのが重要です。大学生でも覚えられていないこともありますから」

 入団した少年野球チームによって、個別指導が行き届かないこともある。初心者なのにしっかりと基礎ができないまま、全体練習に入ってしまうとついて行けずに“楽しさ”が半減してしまう恐れもある。全員が基礎ができているとは限らない。松本氏はそこに着目している。

「本来ならば大きなグラウンドでやりたいところではありますが、狭い中でもボールに触れ合うことができれば(基礎練習は)できると思います。塾のような形を取れれば、1時間だけとかスポットでできるので、そういうのでスタートをしてもいいのではないかと考えました」

 保護者も子供達も忙しい時代になった。それでも一番は野球を楽しんでほしい。一人でも多くの子供達に野球を知ってほしい。多くの指導者が持つ願いと松本さんの思いは変わらない。だから、指導者としても「考える」ことをやめない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」