野球しか知らない子どもたち…保護者の不安を拭うポニーの「直接的就職支援」とは?

ポニーは「給付型奨学金制度」を新設
ポニーは「給付型奨学金制度」を新設

アスリート就職支援に実績「株式会社GATHER」「SSKリレーションズ」と業務提携

 野球を愛する子どもたちが思いきり野球に熱中できるようサポートするべく、様々な支援策を打ち立てている日本ポニーベースボール協会(以下、ポニー)。昨年12月に発表された「SUPER PONY ACTION パート2」では、経済的に困難な家庭を支援する「野球用品給付支援策」、国内外でプロへの夢を追う子どもたちを支援する「給付型奨学金制度」を新設した。

 納得がいくまで野球を追い求めてほしいと願う一方、就職などの将来を心配し、道半ばに諦めてしまう子どもたちが多い現実もある。そこでポニーでは、サポート策の最終支援として「直接的就職支援」を用意した。

 ポニーでは新たに「株式会社GATHER」「SSKリレーションズ」の2社と業務提携。いずれもアスリートに特化した就職支援で実績を上げており、野球に熱中してきた選手たちの「野球頭をもみほぐしながら、自分自身を見つめ直す」サポートを期待できるという。

 これまでを振り返ると、小学生から野球に打ち込んできた子どもたちの多くは野球しか知らないという状況が、少なからずあった。那須勇元事務総長は「これは大人が作り出した環境だ」と自戒を込めて話す。自身も「市原ポニー」の会長を務める那須事務総長は保護者の声にも敏感にアンテナを張っており、「野球を続けるのはいいけどプロ野球選手になれなかったらどうするの?」「ちゃんと就職ができなかったら困る」などの懸念を感じていた。

「とことん野球を追求してほしいと思う一方で、これまでは出口がおろそかになっていた部分がありました。そういった部分でご家族の不安を払拭するためにも、就職までしっかり支援する必要があると感じております。22歳、23歳まで可能性を試してみろ、と言える体制を整えたいと思います」

就職活動に向けた講習会ではなく、実際に就職先を紹介

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY