野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

試合前に一発芸、合言葉は「やったるで!」 履正社の背中押した“寄せ書きFAX”

第22回全国高校女子硬式野球選抜大会が2日に閉幕した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、組み合わせ抽選会後に大会史上2度目の中止に。高校生活最後の選抜大会へ出場できずに卒業した先輩たちの想いを背負い、履正社女子硬式野球部は2年ぶりの選抜大会へと挑んだ。

橘田恵監督恒例の自撮りに収まる履正社の選手たち【写真:喜岡桜】
橘田恵監督恒例の自撮りに収まる履正社の選手たち【写真:喜岡桜】

高校女子硬式野球の全国選抜大会、22回目の今大会には最多33チーム出場

 第22回全国高校女子硬式野球選抜大会が2日に閉幕した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、組み合わせ抽選会後に大会史上2度目の中止に。高校生活最後の選抜大会へ出場できずに卒業した先輩たちの想いを背負い、履正社女子硬式野球部は2年ぶりの選抜大会へと挑んだ。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2000年から開催され、女子高校生が出場する日本最高峰の硬式野球大会。第1回から第14回までは兵庫県で行われ、第15回大会は埼玉県行田市、第16回大会以降は現在の埼玉県加須市の「きずなスタジアム」が“目標の場所”に。その加須市は、12球団初のプロ野球チーム名を冠した西武公認の女子野球チーム「埼玉西武ライオンズ・レディース」が本拠にしており、女子野球の普及・発展と女子野球を基軸とした地域活性化を推進している。

 22回目を迎えた今大会には、初出場3チームを含む史上最多の33チームが出場。2017年以来、2度目の優勝を目指した履正社は、「やったるで!」をスローガンに掲げ、常に笑顔を絶やさない明るいチームを作ってきた。いつも試合前にはムードメーカー複数人が一発芸を披露し、笑いを誘うこともあれば失笑させることもある。全国大会の舞台でも持ち前のノリの良さは健在。「楽しく野球をやってほしいですよね」。橘田恵監督がよく口にする言葉だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」