佐々木朗希、さあ1軍デビュー! 兼ね備えた“3大要素”…群を抜く2軍の投球データ

ロッテ・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
ロッテ・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

ストレートの割合が69.7%と全投球の7割近くを占める

 ロッテの佐々木朗希投手が、16日に本拠地・ZOZOマリンスタジアムで行われる西武戦でついに1軍デビューを果たす。昨季は1、2軍ともに公式戦での登板がなく、その投球がベールに包まれていたが、今季は2軍で順調に登板を重ねた。ここまではイースタン・リーグでは20イニングを投げて防御率0.45と圧倒的な成績を残してきた。

 ここまでの投球はデータ分析の観点からはどのように評価できるだろうか。球種別データなども用いて分析を行っていく。

 はじめに佐々木朗の球種割合から見ていきたい。佐々木朗は今季2軍で投球全体の69.7%、ほぼ7割でストレートを投じている。このように極端に速球の割合が高い投手は救援投手では珍しくないが、先発投手では非常に稀だ。

 2020年シーズンに1軍で規定投球回に到達した投手で最もストレートの割合が高かった中日の大野雄大投手でさえ、51.0%だった。いかに佐々木朗がストレートを多く投げる投手であるかが分かるだろう。

ストレートの次に多いのは22.1%のフォーク

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY